今日からできる キッチン用スポンジたわしケア

スポンジたわしの除菌

除菌は定期的に行う

一般的な中性洗剤は、汚れを落とす効果はあっても除菌はできません。除菌できる食器洗い洗剤か塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)を使って、定期的に除菌しましょう。塩素系漂白剤は、必ず希釈して使います。希釈濃度と放置時間を誤ると、スポンジたわしを傷める原因となるため注意しましょう。
除菌できる食器洗い洗剤を使う場合
1スポンジに付着した調理くずや食べ残しを取り除きます。
2 よく洗い水気を取ります。
3 除菌できる洗剤を含ませ、十分に泡立てます。
4 次に使うまで、洗剤をつけたままにしておきます。

スポンジたわしは必ず綺麗にしてから洗剤を含ませてください

食器洗いを終えた後、必ず一旦スポンジを綺麗に洗ってから改めて洗剤を含ませてください。
除菌できる食器洗い洗剤を使う場合
1 スポンジに付着した残菜を取り除きます。
2 食器洗い用洗剤を含ませて充分に泡立てます。
3 流水ですすぎ、泡を充分に取ります。
4 塩素系漂白剤を希釈した水に5分間漬け置きします。
5 流水ですすぎ、水分をとります。
6 ホルダーに置いて乾燥させます。

塩素系漂白剤は必ず希釈してお使いください

希釈の目安:水1Lに対して4ml(200ppm:0.02%)

市販の家庭用塩素系漂白剤の濃度は約5%、キャップの容量は通常20ml~25mlのため、水1Lに対してはキャップ1/5〜1/6杯分になります。

塩素系漂白剤は必ず希釈してお使いください

濃度を高くしても効果は変わりません。濃度が高いとスポンジの変形・変質、劣化が進む原因となります。

長時間放置しない

放置時間を長くしても効果は変わりません。変形・変質、劣化が進む原因となります。

※漂白剤製品に記載してある使用方法をよく確認してご使用ください。

これらの方法は、スポンジたわしを除菌する目的として適切ではありません。

煮沸する・熱湯をかける・電子レンジで加熱する

スポンジたわしの多くは耐熱温度90度のため、高温により変形・変質、劣化が早まる可能性があります。

洗濯機

水流や洗濯洗剤で変形・変質、劣化が早まる可能性があります。
  • キクロンおばさんのブログ
  • キクロンAストーリー
  • RON
  • 洗浄科学研究所